ゆるくら

ゆる〜く暮らそう、30代からの健康ライフ

ホコリがつきにくいリネンカーテンがおすすめ

   

今までカーテンを買う時に柄以外に気にするところといえば、遮光や遮像なのかどうかくらいと思っていましたが、健康に気を使うならリネンカーテンがオススメです。

リネンカーテン

化繊カーテンの特徴

一般的なポリエステルやアクリルなどの化学繊維のカーテンだと、安くてシワになりにくいので、使い勝手はいいのですが、帯電性があるため、ホコリを吸着しやすく、毛玉もできやすいのが特徴です。
カーテンを開け閉めする時に、ホコリが空気中に舞ってしまうのは、あまり心地良いものではありませんね。

リネンカーテンの特徴

リネンは、亜麻科の植物のフラックスを原料とした100%天然素材なので、手触りがよく、使い込むほど良い味わいが出てくるカーテンです。

化繊に比べて、静電気がおきにくく、ホコリがつきにくいのが特徴です。
ですので、カーテンを開け閉めしてもホコリが空気中に舞ってしまう心配がないので、アレルギーや喘息などの呼吸器にお悩みの方に特にオススメです。

更に、雑菌が繁殖しにくく、嫌なニオイもつきにくい効果もあります。
この辺りは目には見えない部分なので、わかりにくいですが、健康に過ごすには大事なポイントですね。

また、リネンは薄いイメージなので、夏はさらさらしていて気持ちよさそうですが、冬が心配という方がいるかもしれませんが、実際は保温性に優れている素材なので、温かさを保ってくれる特徴を持っているので、年中安心して使うことができます。

リネンカーテンのデメリットとしては、化繊カーテンに比べてものすごく高いこと。それでも長く愛用でき、衛生的なカーテンなので、それを考えると、そんなに高く無いと思いますよ。
それから、遮像・遮光性・防炎などの機能がないこと。完全に丸見えというわけではないですが、極端に気にされる方にはオススメできないカーテンです。
そして、自然素材の特徴である、伸びたり、縮んだり、シワになりやすかったりもします。

メリット・デメリットはありますが、居心地のいい空間を作るために、カーテンを選んでみてください。

 - 住まい

  この記事もおすすめ
観葉植物
観葉植物で部屋の消臭ができる!?

普通に生活しているだけでも様々なニオイが発生しますよね。 それに加え、ペットと一 …

ゆず
冬至じゃなくても、ゆず湯はオススメ

冬至といえば、ゆず湯ですね。 最初に買いに行ったスーパーではすでに売り切れだった …

ラジエントヒーター
ラジエントヒーターで健康料理を作ろう

ラジエントヒーターはIHクッキングヒーターと見た目は似ているけれど、全然別物。 …

ダイソンDC48
大掃除するならダイソンかトルネオか

現在使っている掃除機はダイソンのDC48なのですが、使い心地が抜群に良い掃除機な …

無垢材
無垢材を使った家に住むことで健康になる

賃貸マンションや一般の戸建住宅のフローリングで使われている床材は薄い木の皮を張り …

半身浴
冷え性の人には半身浴がオススメ

冷え性の人にとって、冬の寒い時期は本当に辛い季節です。 冷え性をやわらげるために …