ゆるくら

ゆる〜く暮らそう、30代からの健康ライフ

無垢材を使った家に住むことで健康になる

   

賃貸マンションや一般の戸建住宅のフローリングで使われている床材は薄い木の皮を張り合わせたベニヤ板が使われています。
そのベニヤ板の合板を作る過程で使われる接着剤には実は体に良くない物質を沢山含んでいます。

そんな接着剤を多く使われた床が部屋中にあって、それらから空気中に色々な成分が浮遊すると思うと、あまりよい気分ではありませんね。
アトピーやアレルギーをお持ちの方なら尚更です。

そういった接着剤を使わず、天然木だけで作られたフローリングが無垢フローリングです。
健康のことを考えると、間違いなく無垢材を使ったフローリングの方がいいと思えますが、接着剤以外の違いを見ていきましょう。

無垢材

無垢フローリングのメリット

  • 木が湿気を吸ったり吐いたりしてくれる
  • 夏場、裸足でもベタベタしない
  • 合板ではないので、剥がれることがない
  • 断熱性に優れているので、合板フローリングのようなヒヤッと感がない
  • 時間が経つごとに、木の風合いがよくなる
  • いい香りを発し、嫌な臭いを消臭・脱臭してくれる
  • 見ていると落ち着く

無垢フローリングのデメリット

  • 暖房などにより木が収縮して、隙間が生じることがある
  • 傷がつきやすい
  • 合板に比べて割高
  • 木目や色合いがばらばら
  • 最初のうちはギシギシ音がなる(木が膨張・収縮して次第にならなくなる)

無垢フローリングのお手入れ方法

天然木は水分がある状態にしておくのはあまりよくないため、汚れていない場合は、乾拭きをしましょう。
汚れが気になる場合は、水拭きをして、その後なるべく早く乾拭きするようにして、水分が残らない状態にするのがポイントです。

キッチンや脱衣所、トイレなどの水まわり部分も無垢フローリングにする場合は、防水加工的なことをしてもらえば問題ありません。
中でもお風呂のバスマットは一番水分を多く含んでいるので、使い終わったら床から離してどこかにかけておくと安心です。

物を落としたりするなどしてへこんでしまった場合は、お湯で湿らせたタオルなどをへこんだ場所にあてて、しばらく放置すると多少のへこみであれば元通りになります。
また、傷などはサンドペーパーで削って修復も可能です。

無垢フローリングに使われる材質

大きく分けて、広葉樹と針葉樹の2種類があります。

広葉樹は強度があって、傷がつきにくい材質で、ウォールナット、メイプル、ブナ、オークなどがあります。
一方、針葉樹は柔らかく、肌触りがいい材質で、パイン、スギ、ヒノキなどがあります。

材質によって大きく値段が変わってくるので、予算とあわせて選びたいですね。

 - 住まい

  この記事もおすすめ
ラジエントヒーター
ラジエントヒーターで健康料理を作ろう

ラジエントヒーターはIHクッキングヒーターと見た目は似ているけれど、全然別物。 …

ゆず
冬至じゃなくても、ゆず湯はオススメ

冬至といえば、ゆず湯ですね。 最初に買いに行ったスーパーではすでに売り切れだった …

リネンカーテン
ホコリがつきにくいリネンカーテンがおすすめ

今までカーテンを買う時に柄以外に気にするところといえば、遮光や遮像なのかどうかく …

観葉植物
観葉植物で部屋の消臭ができる!?

普通に生活しているだけでも様々なニオイが発生しますよね。 それに加え、ペットと一 …

ダイソンDC48
大掃除するならダイソンかトルネオか

現在使っている掃除機はダイソンのDC48なのですが、使い心地が抜群に良い掃除機な …

半身浴
冷え性の人には半身浴がオススメ

冷え性の人にとって、冬の寒い時期は本当に辛い季節です。 冷え性をやわらげるために …